プロテインは飲むべきか ~メリットたくさんです!~

2020年9月16日

どうもマリンガイです!

女性がトレーニングをしている

「プロテイン(プロテインパウダー)は飲むべきか?」

筋トレをやってらっしゃる方、もしくは今から本格的に筋トレ始めようとしている方は皆さん気になるテーマだと思います。

今回は、主にプロテインを飲もうかどうか検討中の方に向けて、プロテインを飲むべきかどうかについて筆者の考えを述べさせていただこうと思います。

結論からいうと、プロテインは飲むべきです。仕事など、あなたの生活環境にもよるところはあるのですが、普段サラリーマンとしてフルタイムで働いている方こそ、飲むべきであると言えます。プロテインは筋トレをしている方には必須のアイテムです。

プロテインは薬ではない

プロテインを飲んでいることを誰かに知られると、

「プロテインって薬だから体に悪いんでしょう?」

ということを筆者自身何っ回も言われました。

確かにプロテインは薬局など薬を扱っているコーナーで売られていることがほとんであり、見た目がやはり粉ですので、私も薬にしか見えなかったです。

薬だから体に悪そうっていうのが、これからプロテインを飲もうか検討されている方にとっての一つの懸念点だと思います。わかります。

しかし実際は、プロテインは天然の食材を加工して作られた「食品」なのです。

プロテインにはいくつか種類がありますが、どれも天然の材料からたんぱく質を抽出したものです。種類としてはホエイプロテイン、カゼイプロテイン、ソイプロテインやビーフプロテインなどがありますが、最もポピュラーであるホエイプロテインは牛乳から作られています。

プロテインの袋に書いてある表示も確かに食品となっているはずです。安心して飲んでください。

プロテインはコスパがよい

たんぱく質を摂るということにおいて、プロテインよりも安い食品はありません。ちなみに、たんぱく質の含有量が多いとされる「鶏むね肉(皮なし)」でも、100gあたり24gほどのたんぱく質しか含んでいません。肉ですが、水分が多く含まれているため、100%たんぱく質ではないのですね!

それに対してプロテインですが、製品にもよりますが、100gあたり74gほどのたんぱく質が含ませています。さすがプロテイン(英語でたんぱく質)と呼ばれているだけありますね!

同じ100gのたんぱく質を摂るために必要な量とコストを比較すると、

鶏むね肉 約416g  100gあたり100円として416円

プロテイン 約135g 100gあたり300円として405円

となり、プロテインの方が鶏むね肉よりもコスパで上回っていると言えます。

プロテインは液体の形で飲むので、お腹がそんなにすいていない時でも手軽に摂取できることも魅力です!

プロテインは水筒にいれろ!

サラリーマンの方々にオススメのプロテインの摂り方です(笑)。

特にフルタイムで働いていらっしゃる方は、プロのボディビルダーのように一日に6回も7回も食事をすることは不可能だと思います。しかし、筋トレに本気で取り組み始めると食事の面でも気を遣うことが必要になってきます。というのは、筋肉に必要な栄養素、特にたんぱく質をこまめに摂取しなければ筋肉の分解が進んでしまうからです。

その問題を解決する手段として私がたどり着いたのがズバリ、会社に持っていく水筒にプロテインを入れていくことです(笑)。私は朝100gのプロテインパウダーを水に溶かしたものを水筒に準備します。

口から直接飲むタイプの水筒だと、誰にもバレずに好きなタイミングでたんぱく質を摂取することができます。

この方法によって、昼間は会社に拘束されている会社員の方でも手軽にたんぱく質を摂取することができますので、試してみてください!

しかし、注意が必要なのは、プロテインはやはりサプリメントに過ぎないということです。

肉を始めとした、自然な形で存在するたんぱく質をしっかり摂ることが基本になります。ちゃんと食事からたんぱく質を摂取した上でプロテインを飲むようにしましょう。

筆者自身、カロリーを気にしてほぼプロテインのみからたんぱく質を摂っていた時期があったのですが、筋肉はしぼむし、扱う重量は下がるし、なかなか体重が減らないしで散々でした。反省して自然の食品から大半のたんぱく質を摂るようにした結果、筋肉に張りがでて、なおかつ脂肪も減っていきました。脂肪が減ったのは、天然の肉を消化するときには胃腸がエネルギーを消費するという現象が大きな理由です。

食事をしっかり摂って、それにプラスアルファでプロテインを飲むことで、プロテインの効果が最大になりますよ!


2020年9月16日

Posted by マリンガイ