速筋と遅筋って? なりたい体によって,鍛えるべき筋肉の種類が違います

2020年9月16日

あなたの理想の体はどんな体ですか?

マッチョな男性の背中

トレーニングのやり方を間違えると、どれだけ頑張ってもあなたの理想の体を手に入れることはできません。なりたい体になるために欠かせない知識として、筋肉の種類についての知識があります。筋肉には大きく分けて「速筋」と「遅筋」の2種類があり、それぞれ特性が全く異なります。

本記事では「速筋」と「遅筋」の特徴、その鍛え方、そしてそれらを鍛えることによるメリットをご紹介いたします。

速筋

速筋の特徴

「速筋」は瞬間的に大きな力を発揮する筋肉で、糖質をエネルギーとして消費します。筋肉中に存在する糖質をエネルギー源として動作するため、速筋は長い時間に渡って力を発揮することはできません。その代わり、瞬間的に大きな力を出すことができます。短距離走やジャンプ、そして重いものを持ち上げるときに機能する筋肉です。

速筋の鍛え方

速筋だけでなく遅筋もそうなのですが、狙った筋肉を鍛えるためには、鍛えたい筋肉ができるだけ最大限に力を発揮するような動作を行う必要があります。そしてその動作をだんだんと強度をあげて行っていく。この積み重ねになります。

速筋を鍛えるためには瞬間的に大きな力を使う動作を行います。無酸素運動と呼ばれるものです。短距離走やジャンプもそうなのですが、オススメなのはウエイトトレーニングです。体の各部位の速筋を鍛えるオススメのトレーニング方法は以下の記事でご紹介しています。

胸のトレーニングについての記事はこちら

背中のトレーニング法の記事はこちら

肩のトレーニングはこちら

速筋を鍛えるメリット

速筋を鍛える一番のメリットは、その変化が見た目に現れやすいということです。

皆さんが目指しているであろう筋肉隆々のかっこいい体は、速筋を鍛えることによって手に入れることができます。

また、重いものを持ち上げられたり、固い瓶の蓋を開けることができたり、腕相撲が強くなったりと、男らしいところを見せることができるようになるのも大きなメリットですね!

遅筋

遅筋の特徴

「遅筋」は速筋と逆の働きをする筋肉で、小さい力を長い時間発揮します。有酸素運動を行うとこの遅筋が動作します。代表的なものがジョギングなどの長距離走です。

また、心臓の筋肉である心筋も遅筋に分類されます。24時間365日休まずに働き続けることもできるのが遅筋です!

遅筋の鍛え方

速筋とは逆に、小さい力で長時間にわたって動作をする運動をすれば遅筋は発達します。ランニングは遅筋を鍛える代表的なトレーニングです。発達するといっても、速筋ほど見た目には現れません。マラソンランナーの体つきを見ればわかるように、遅筋は鍛え上げてもさほど太くなりません。

遅筋を鍛えるメリット

遅筋を鍛えるメリットは、日常生活が楽になることです。

速筋を動員するような瞬発的な運動よりも、階段の昇り降りや、駅から自宅まで歩くなどの遅筋を使用するような運動をする機会の方が圧倒的に多いですよね。遅筋を鍛えることで毎日の動作をより楽に、疲れずに行うことができます。

まとめ

速筋と遅筋についてご紹介してきましたが、それぞれの筋肉の部位によって速筋と遅筋の割合が変わります。例えば歩行に主に関わってくる筋肉には遅筋繊維が多く含まれています。人間の体はよくできており、必要な場所に速筋と遅筋が最良のバランスで配置されているのです。

このように、もともとある程度筋肉によって速筋と遅筋のバランスが決まっているのですが、あなたのなりたい体にするためにそれぞれの種類の筋肉を集中的に鍛えることが可能です。男らしい筋肉隆々な体になりたければ速筋を優先的に鍛えるしかありません。

あなたの普段の運動や筋トレに、速筋と遅筋の特徴とその鍛え方に関する知識を反映させることで、より効率よく、より早く結果を出すことができます!


2020年9月16日

Posted by マリンガイ