「継続は力なり」が人生で一番大切な理由

2019年3月28日

どうもマリンガイです!

登頂成功した女性

「よしやってやるぞ!」と張り切って始めたものの、三日坊主で終わってしまう。

勉強でも、運動でも、自分磨きでもなんでも三日坊主になってしまうってことあると思います。最初の数日の熱意はすごいけれど、すぐに息切れしてしまう自分が嫌だと思ったことがある人も多いでしょう。

何事も継続してこそ効果を発揮するということと、あなたのやる気を持続させる方法についてご紹介します!

継続は力なり

「継続は力なり」という言葉を誰が最初に言ったかは諸説あって定かではないようです。

誰が言ったかがはっきりわかっていないのにも関わらず、日本中にこの言葉が浸透していて、これを座右の銘にしている方も多いはずですので、それだけこの言葉自体に説得力と裏付けがあるということなのでしょう。

継続は人にとって、一番意識して心がけるべきことだと思うのです。

それは、継続という行為は苦痛を伴うから。そして、継続があなたの夢を叶えるために不可欠だからです。やり続けることには苦痛が伴う一方、やり続けないと成功することはできない。人生ってうまくできていますね。

イチロー選手も、「夢や目標を達成することには一つしか方法がない。小さなことを積み重ねること。」と言っています。歴代最高の野球選手の呼び声が高いイチロー選手も、継続が成功するための唯一の方法だと言っています。いかに愚直に自分の信じた道を進み続けることができるかが、あなたが成功できるかどうかの分かれ目となるのです。

この世に努力をせずになんでもできるような天才はいません。人より短い時間でいろんなことを身に着けることができるスーパーマンはたまにいますが、努力を積み重ねた凡人には勝てません。ジムで筋トレをすることを例に挙げますと、10年間筋トレを毎週欠かすことなく継続してきた人には、どれだけ才能に恵まれているひとでも1年程度では追いつくことはできないのです。

どれだけ密度の高い継続を積み重ねることができるかが、あなたに結果として直接的に返ってきます。

それでは、どうすれば物事を継続することができるのでしょうか?何か良い方法はないのでしょうか?

物事を継続するために大切なこと

なんでも三日坊主で終わってしまう人は、物事を継続する魔法のような方法を知りたいと思うでしょう。

しかし、そのような魔法は私も知りませんし、あったとしても魔法はすぐに解けてしまいます。

物事を継続するために色々な工夫が考えられると思います。モチベーションをいかに高めるかだとか、やる気をどう保つかだとかです。

今回ご紹介する方法は、モチベーションややる気を保つことを手段にしていません。それは、やる気を持続させるのは至難の業だからです。長い人生の中で、モチベーションを常に高く保つのは不可能だと思います。やる気が起きない日なんて一か月のうちでも何回もありますよね(笑)。

物事を継続するための方法は、「とにかくやる。やっていく中で、自分の生活リズムや環境を、取り組んでいることが継続しやすいように変えていくこと」です。

タマゴが先かニワトリが先かという議論がありますが、物事を継続できる人だから物事が続くのか、それとも物事を継続しているから物事を継続できる人なのか、とも言い換えられます。タマゴとニワトリの議論に結論がでないように、物事を継続するということに関しても結論はでません。なので、とにかくやってみるということが大切です。小さなことから始めて、小さなことを積み重ねるのです。やるしかないのです。やっていくうちに、家の環境だったり、生活リズムの中で見直してみた方が自分の取り組んでいることが続きやすいということがでてきます。筋トレだったらジムに入会するだけではなく、筋肉の栄養になるサプリメントを買ってみて後に引けない環境をつくる。読書だったら、快適な姿勢で読書ができるような椅子を購入してみたり、集中できる朝にちょっとだけ早起きしてみるなどです。

モチベーションをあげるためではなく、モチベーションが低いような時でも継続することができる環境を自らつくっていくことがポイントです!


いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介した物事を継続させる方法は、ご自分だけでなく家族や友人にもシェアしていただきたいと思っています。お子さんが勉強が好きでないけども、勉強はやっぱりある程度はやってもらわないと困るというケースに是非使っていただきたい方法です。

やる気スイッチを押してあげることは考えないでください。ただただ継続するのをサポートしてあげます。そうしたら、いつか本人が自らやる気を開花させる。辛抱強くいることが大切です。


2019年3月28日

Posted by マリンガイ