ダブルスプリットトレーニング 筋トレを1日に2回やるメリットはあるのか?

2019年4月30日

ダブルスプリット法は数ある筋力トレーニング法の一つですが、他のトレーニング法とは毛色が違います。通常のトレーニング法と言えばどのように筋肉を鍛えるか、つまり実際のトレーニングのやり方を指します(ドロップセット法など)。一方、この「ダブルスプリット法」は筋トレを1日に2回やることを指します。トレーニングの中身ではなく、トレーニングの頻度を指しているという言い方もできます。

本記事では、ダブルスプリット法を行うメリットとデメリットから、筋トレを1日に2回やるべきかどうかを考えます。

チョコが真っ二つ。

ダブルスプリットトレーニングのデメリット

トレーニング時間をとりにくい

本記事を読んでくださっている方は筋トレが本業ではない方がほとんどだと思います。働きながら、勉強しながら日々時間を見つけて筋トレに励んでいる中で、1日に2回もトレーニングする時間をとるのは現実的に厳しいと思います。

日中に本業がある方がダブルスプリット法を取り入れるには、朝と夜に1回ずつトレーニングするしかないと思います。日常的にダブルスプリット法を行うためには他の趣味や娯楽の時間を削る他ないでしょう。

ツラい

1日に2回も筋トレするのってけっこうツラいですよね(笑)。

ボディビルダーなどの筋トレが本業の方々はダブルスプリット法を取り入れていることが多いですが、それでも年中毎日2回ずつトレーニングしているわけではありません。筋トレを本業にしていない多くの方にとって、1日に2回筋トレをすることはかなり精神力を要求される、ストイックなことだと思います。

ダブルスプリットトレーニングのメリット

筋肥大に効果的

1日に2回トレーニングするので、1日に1回しかトレーニングしない場合より筋肉の成長は早くなります。「超回復」といって、筋トレ後に筋肉の種類によって一定期間筋肉を休ませることで筋肉の成長が最大化されるという考え方がありますが、この考え方が正しいという確証はありません(筋トレの常識って数年おきに変わる多いイメージです)。

1回1回のトレーニングで限界まで筋肉を追い込むことを前提とした場合、筋トレの頻度が多い方が強い刺激を与えることができますし、トレーニングそのものの上達も早くなるはずです。ベンチプレスで世界一をとった児玉大紀選手(体重の4倍の重量を挙げるとんでもない方です)は基本的に毎日ベンチプレスをやっているそうです。大胸筋の発達の仕方も半端ないです。超回復という考え方に反しますが、筋トレの頻度を増やすことは筋力アップや筋肥大に効果的であると言えます。

崩れた筋トレルーティンを挽回できる

もともと1日に1回トレーニングをするルーティンを組んでいる場合に、なんかの拍子に1日トレーニングをお休みしてしまった!ということがよくあると思います。この場合の対処法の一つとしてダブルスプリット法を使うことができます。1日分ルーティンから遅れてしまった部位を、1日に2回トレーニングすることで挽回することができます。

このように、1日だけ応急的にダブルスプリットトレーニングを行うことにもメリットがあります。

消費カロリーを稼げる

ダブルスプリット法を減量中だけ取り入れるというマッチョも多いです。

この場合の狙いは、1日に1回トレーニングするよりも2回トレーニングした方が総運動量が多くなり、減量をよりハイペースで行うことです。消費カロリーを稼げる分体重が落ちるのが早くなるので、逆に言えば筋肉をよりつけることを目的にダブルスプリット法を行う場合は、ある程度ハイカロリーな食事を心がけないといけません。

現実的にダブルスプリット法を取り入れるには

ダブルスプリット法のメリットとデメリットをご紹介してきました。

ダブルスプリットトレーニングには確かにメリットがありますが、時間や気力の問題が邪魔をしますね。現実的にダブルスプリット法を取り入れるには時間や気力の問題を解決しないといけませんね。

トレーニングを2回とも全力でやる必要はない

おい、1日に2回トレーニングするのは気力や体力が持たないぞ!という方も多いと思います。そういう場合は1回あたりのトレーニング強度を下げてみることをオススメします。

1日1回のトレーニングの強度を1とした場合、0.7のトレーニングを1日に2回行います。そうすれば1日あたりのトレーニングの総負荷をダブルスプリット法によって無理なく底上げすることができます。

2回とも全力でトレーニングしなくても、ダブルスプリットトレーニングの恩恵を受けることが可能です!

毎日やる必要はない

ダブルスプリットトレーニングを毎日やってやる!と気合を入れなくても、1週間に1回とか、気が向いた時にやるとかで十分だと思います。

1日に2回ジムに行くなんてストイック過ぎる!と面食らう必要はありません。あなたのできる範囲でダブルスプリットトレーニングを行うことが大切です。それだけでも十分にメリットがあることはご紹介した通りです。

筋トレで1番大切なのは「継続」です。あなたの決まった筋トレのルーティンを守ることにダブルスプリット法は効果的ですし、あなたのできる範囲でトレーニング強度を上げることができることもダブルスプリットの大きな魅力です!


2019年4月30日

Posted by マリンガイ