ジム選びのコツ! ~あなたに合ったジムを選ぶ3つのポイント~

2019年3月25日

「夏に向けてジムに入会してみようかな~」という方、「ダイエットのためにジムに通いたい」と思っている方や運動不足を解消したい方、そして本格的にマッチョになりたいという方がこの記事を読んでいただいているかと思います。ジムに通う目的はそれぞれですが、どなたにも共通するジム選びのポイントを3つご紹介します!

※ジム選びのポイントは、大事な順に並んでいます。

家に近いか(通いやすいところにある)

通いやすさ。これが一番大事です。これを一番に考えてジムを選んでみてください。

これは、継続できるということがジム通いで最も大事だからです。通いにくいところにあるけど、おしゃれなジムだから入会したものの、行くのが面倒だからすぐ行かなくなってしまったという方もいらっしゃるかと思います。

初めてジムに通う方は特にアクセスを最重要視するべきです。会社や自宅から行きやすいところを選んでみてください。ある程度ジムに通うことが継続できるようになったら、少し遠いジムでも継続することができるでしょう。

筋トレ器具の充実度

ジムの設備も重視すべきポイントです!

例えばダンベルの重さが10kgまでしかないジムと、40kgまであるジムではできる筋トレの幅が大きく異なります。ダンベルが10kgまでしかないと、使えるのは最初の数か月くらいで、その後はほとんど役に立ちません。また、ジムによってマシンの充実度も大きく異なり、同じ肩を鍛えるマシンでも、あるジムには1つしかマシンがないのに対して、あるジムでは3種類の肩用のマシンがあったりします。マシンの種類が多い方が、それだけ筋肉に多様な刺激を与えることができます。多様な刺激を与えることは筋トレにとって大切な点です。

また、バーベルやダンベルなどのフリーウエイトがきちんと揃っているジムがベターです。マシンではその種類によって、同じ重さを指していても実際には違う重さがかかっているということがあります。それはマシンでは直接的におもりを持ち上げるのではなく、ワイヤーなどを介していることが多いためです。それに対してフリーウエイトは、どこのジムに行っても同じ負荷でトレーニングをすることができるので、自分の上達の進捗を正確に把握することができるのです。

会費

これもジム通いを継続するために大切なポイントですよね。あなたの予算との相談ですが、ジムの会費は安いに越したことはないでしょう。とはいっても、今回挙げさせていただいた3つのポイントの中では最後に見るべき点です。ジムを継続することができるかどうかは、会費よりも、立地や設備があなたに合っているかどうかで決まります。


以上、ジムを選ぶときに重視するべき3つのポイントをご紹介しました。

筋トレは何より継続することが大事です。通うジムを選ぶときは立地、設備そして会費の順に比較してみてください!


2019年3月25日

Posted by マリンガイ