BCAAは筋トレに必要か

2020年9月16日

どうもマリンガイです。

筋トレで自分磨き、頑張っていきましょう!

ハルクのシルエット

今回はトレーニング中に摂ると効果を発揮するサプリメントであるBCAAについてご紹介します。結論から言うと、資金に余裕があれば摂取したほうが良いです。

BCAAの成分

BCAAには必須アミノ酸である、バリン、ロイシン、イソロイシンの3つのアミノ酸が含まれています。運動時に筋肉でエネルギー源となるこれらのアミノ酸は、その分子構造から、BCAA(Branched Chain Amino Acid;分岐鎖アミノ酸)とよばれています。

実は食べ物のたんぱく質を構成する必須アミノ酸の中でBCAAの割合は約50%もあり、ヒトの筋肉を構成する必須アミノ酸の中でのBCAAの割合は約35%あるそうです。筋肉をつくっていく上で必要な必須アミノ酸の中でも、より重要なアミノ酸を集めたものがBCAAであるというわけですね。

しかし、このBCAAを運動中に肉や卵などの食品から摂取することは現実的に不可能(食べるのがキツイと思います笑)なので、サプリメントでスマートに摂取する必要があります。

BCAAの効果

筋トレにおいて、BCAAを摂取することによって主に以下の2つの効果が期待できます。

・筋肉におけるタンパク質合成の促進

・筋肉におけるタンパク質分解の抑制

筋肉におけるタンパク質合成の促進

BCAAに含まれている必須アミノ酸の1つであるロイシンの働きによって、膵臓でのインスリンの分泌が促進され、筋肉中でのたんぱく質の合成が増大することがわかっています。

またご存知のように筋肉は筋トレによって筋繊維が破壊され、栄養を補給してあげることによって回復し、トレーニング前より強いものに成長していきます。BCAAはその修復のための材料としての役目も担っています。超回復をサポートしてくれるんですね!

筋肉におけるタンパク質分解の抑制

筋トレに限っていえば、ほとんどの方はこの効果を期待して飲んでいると思います。

筋トレなどの筋肉を動かす運動をすると、タンパク質の分解が促進されます。つまり、筋肉内のBCAAの分解が促進されます。人のカラダは運動をすることで絶えず筋肉の分解と合成を繰り返しているのです。この筋肉が分解されていく状態をカタボリックと呼びます。

また、BCAAを摂取すると30~60分で血中アミノ酸濃度が最大になります。したがって、運動30分前~運動中にサプリメントとしてBCAAを摂取することで、筋肉中のBCAAの濃度が増え、筋肉で分解される必須アミノ酸が減少することが期待されます。サプリメントとして摂取したBCAAが代わりに筋肉中で分解することによって、筋肉中のタンパク質の分解が抑制されます。

BCAAは必要か?

BCAAは筋トレのサプリとしてさほど優先度は高くないと思います。その理由は、価格を考えると効果があまり高くないかなーと思うからです。

まず価格ですが各メーカーとも結構な値段します。あと効果ですが、運動中の筋肉の分解を防いでくれます。筋トレ中のカタボリックは筋トレの上級者こそ死活問題になってくると思います。しかし、初心者のうちはトレーニングによって筋肉の分解こそありますが、筋トレをガンガンやっていけばその後の栄養摂取をしっかりしさえすれば筋肉の合成の方が分解を上回って筋肉がどんどんついていきますのであまり心配はいらないかと思います。


いかがでしたでしょうか?

BCAAは予算に余裕があるならば摂取したほうがよいサプリメントです!


2020年9月16日

Posted by マリンガイ